パーテーションの使い方について

新オフィスは広々した空間にしたかった

旧オフィスではデスクの配置で困っていた新オフィスは広々した空間にしたかった机とパーテーションの工夫狭い家を快適に使うためのパーテーション

この様な事が仕事に大きな影響を与えるという事もあり、また事業がうまくいき拡大して従業員も増えた事で広いオフィスに引っ越しをする事になったのですが、新しいオフィスでは、大変広く視界を遮るもののないワンフロア空間という事でここまで述べてきた様な問題は考えなくてもよくなったのですが、人間の空間認識に関係した心理的な不安状態を引き起こす視界に関する問題がある事が分かったきました。
この問題は、広いスペースにどうデスクを配置するかという事を従業員で考えている時に明らかになりました。
旧オフィスと新オフィスについての広さという事項を除く構造上の大きな違いは、旧オフィスでは障害となる壁や柱があり視界が遮られていたのですが、新オフィスではこの様な障害物のない広々とした空間である為にデスクの配置間隔も広くでき広々とした感じがするのですが、壁や柱などの視界を遮るものがないための独特の空虚感も同時に感じるという事でした。
また、この中に多数の従業員が入って仕事をする事から広いコンサート会場でコンサートが始まる前のざわざわとした雑音とも騒音ともとれるものが起きるのではないかとの心配も出てきました。

パーテーションパーテーション 通販.com