パーテーションの使い方について

旧オフィスではデスクの配置で困っていた

10年くらい前の事ですが、従業員が増えそれまでに借りていたオフィスが手狭になったので、事務所が1km位離れた所に引っ越しをした時の経験について話をさせていただきます。
引っ越しの準備は半年くらい前から準備を行いました。
まずは、引っ越しをした先のオフィスのレイアウトを考えました。
引っ越し先はかなり広いワンフロアのスペースでした。
利用できる面積が広くなるので、レイアウト組の大枠は大きな問題もなく進める事が出来ました。
しかし、その際にデスクの配置についての問題が議論になりました。
壁や柱もあり視線が遮られる事が多く手狭だった古いオフィスでは、むしろ壁や柱の配置に合わせてデスクを置くという配置でした。
視界が壁や柱で塞がれる事で見通しが悪く狭い感じを強く受けていました。
またデスクの間隔も狭かったので椅子を置くと非常に込み合っていて、多数の資料を段ボールの箱で運ぶ時にはぶつからないにして、気を付けて歩かなければなりませんでした。
また、複数の従業員が移動する時には移動が大変でみんなで何とかならないものかといらいらしていました。

旧オフィスではデスクの配置で困っていた新オフィスは広々した空間にしたかった机とパーテーションの工夫狭い家を快適に使うためのパーテーション